工芸鋳物研究会は、その前身の美術工芸鋳物研究会を引き継いで、中空鋳物、透かし入り鋳物を課題の中心において、その製品設計技術、製造技術などに関する情報交換を行います。
光造形技術研究会
主査: 牧野 恵春 (泣a[ルデック)
21世紀を迎えるためにみんなで勉強しよう
 光造型技術研究会は、これからの製品開発に欠かせない新しい技術です。この技術はイメージから立体モデルの作成に昭和63年から開発に着手し、平成3年にほぼ完成しました。一般公開されてから、各企業各分野で様々な形で利用されるようになりました。例えば、自動車産業、家電産業、金型業界、窯業、ガラス瓶、医療分野、また地形モデルと用途は様々です。
 数多くの利用価値をもったこの新しい技術を、私たち鋳造業界でも大いに利用し活用したいと考えております。また、木型業界においても、後継者不足が心配される中、この「光造型技術」はきっと一役買ってくれるものと思っています。
連絡先(申込み):079-8419 旭川市永山9条2丁目2-7 泣a[ルデック内 牧野宛
電話 0166-23-1825  FAX 0166-22-6351
研究会の開催経過
研究会開催日時開催場所備考
第2回研究会平成12年 4月21日(金)旭川市 
第1回研究会平成11年10月22日(水)札幌市 

研究会トップページへ