道央中核地域自動車産業等人材養成等事業
第2回鋳造技術高度化研修会
会 議 名 第2回鋳造技術高度化研修会
開 催 日 時平成23年9月14日(水) 13時30分〜17時
開 催 場 所道立道民活動センター 5階 550会議室
 (札幌市中央区北2条西7丁目 電話;011-204-5100)
参 加 人 数 24 名 (企業;10社、団体;2機関)
内   容 技術講演会
・開会の辞 司会;道総研工業試験場 戸羽 篤也(製造技術G主査)
・挨 拶 道総研工業試験場 製品技術部長 鎌田 英博
 講演会開催に先立ち、主催者を代表し北海道総研工業試験場の鎌田製品技術部長から挨拶があり、工業試験場の取組み事例紹介を交えながら本道の基盤産業の発展に期待を寄せた。

・講師紹介
 講演を始めるにあたり、戸羽主査(工業試験場)から、今回招聘した講師の水野・永井両氏の略歴の紹介と講演内容の概略の説明があった。

・講演@ 演題;「人工砂の特徴と実用化事例および留意事項」
 講師;水野 邦明 (伊藤機工 顧問)
 初めに耐火物の歴史を概説した後、人工砂の材質および製法について体系的な分類と、鋳型製作に使われている人工砂の種類、材質、製法が紹介された。引き続き、人工砂の性質として、形状、化学組成、熱的特性、電磁気特性などによる特徴について一般に使われている珪砂等との比較データを参照しながら解説的に示された。また、人工砂を用いることのメリットとデメリットについて説明があり、これらを理解した上で有効に活用する必要があるとの注意点が示された。

・講演A 演題;「有機自硬性バインダーの現状と将来展望」
 講師;永井 康弘 (群栄化学工業 技術開発センター)
 鋳型造型の大きな要素となる粘結剤について体系的な分類を示した後、フェノール樹脂系粘結剤とフラン樹脂系粘結剤について、その硬化原理と硬化特性、鋳型強度、再生砂を用いた場合の鋳型成型における留意点などの説明があった。特にアルカリフェノール樹脂バインダーを使用する場合の再生砂使用量と鋳型強度の関係や人工砂をフラン樹脂バインダーで造型する場合の初期強度への影響について、これまでの実験に基づいて見解が示された。

・質疑応答
 講演後、人工砂の熱的特性に起因する鋳物製作への影響や人工砂の再生処理などについて質疑が交わされた。さらに、今後の環境や産業廃棄物等の問題との関連で人工砂利用の見通しについて意見交換が行われた。

・閉会の辞
 講師への謝意を表し、本講演会を終了した。
そ の 他  本研修会は、(社)日本鋳造工学会北海道支部の後援を得て、同支部の第4回非鉄鋳物の高度化技術研究会との共催事業として開催した。
インフォメーション記事

研修事業トップへ