道央中核地域自動車産業等人材養成等事業
第4回鋳造技術高度化研修会
会 議 名 第4回鋳造技術高度化研修会
開 催 日 時平成22年11月12日(金) 13時30分〜17時
開 催 場 所道立道民活動センター 9階 920会議室
 (札幌市中央区北2条西7丁目 電話;011-204-5100)
参 加 人 数 27 名 (企業;14社、団体;4機関)
内   容 技術講演会
・開会挨拶 司会;道総研工業試験場 戸羽 篤也(製造技術G主査)
 講演に先立ち、道総研工業試験場の戸羽主査から今回の講演会の趣旨説明を含めて挨拶があり、併せて講師の紹介があった。

・講 演
 講師;管野 利猛 (竃リ村鋳造所 取締役開発部長)
 講師のこれまでの研究事例を交えながら、鋳鉄の材質管理、IT技法の活用、鋳造の歴史と今後の展開の3つのテーマで講演が行われた。
@鋳鉄の物性と機械的性質
 始めに、普通鋳鉄と球状黒鉛鋳鉄の組織、機械的性質、硬さ、弾性率、減衰能、疲労強度、熱伝導特性、化学組成などの相関関係について詳細なデータを示しながら解説があった。特に、炭素量と引張強度、MnおよびS量が及ぼす機械的性質への影響など大変興味深い試験結果が紹介された。
AITを基軸としたフルモールド鋳造法の事例
 3次元形状データを活用した鋳物製造プロセスに関する取り組み事例として、鋳物製品の3D−CADモデリングデータによる情報の共有化、鋳型の分割、模型の切削、鋳型制作、鋳物製作、形状・寸法検査、湯流れ・凝固解析などに応用した事例紹介があった。
B反射炉における大砲鋳造法から見た鋳物の歴史と技術
 鋳造技術や鋳鉄鋳物製造技術の歴史を振り返りながら、韮山の反射炉の復元と大砲の製造に携わった経緯、大砲製造に関わる鋳造技術が紹介された。併せて、鋳鉄鋳物の未開発技術分野について所見が述べられ、今後の取り組みに期待を寄せた。

・質疑応答
 講演の内容に関して、黒鉛化率の考え方、Mn量、S量が機械的性質に影響するメカニズム、湯流れ解析のパラメータ設定などの鋳造技術に関わる質疑のほか、大砲の製造に関する質疑応答が交わされた。

・閉会の辞
 講師への謝意を表し、本講演会を終了した。
そ の 他  本研修会は、(社)日本鋳造工学会北海道支部の後援を得て開催した。
インフォメーション記事

研修事業トップへ