(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2014
前へ次へインフォメーションのトップへ
鋳造技術講演会(第2回北海道鋳造技士会講演会)
 北海道鋳造技士会が主催する鋳造技術講演会が平成26年年9月25日(木)13:30から、北海道総合研究プラザ(札幌市)で鋳造工学会生型研究部会、当支部鋳造技術者懇話会等との共催行事として開催されました。講演会は、白井雅人氏(岩見沢鋳物梶jの司会進行で進められました。開会に当たり、公社)日本鋳造工学会生型研究部会の橋本邦弘会長(新東工業梶jから、今回の講演会開催の経緯などに触れつつ挨拶がありました。

講演会の司会は鋳造技士会メンバーの白井氏が担当
 

開会にあたり、日本鋳造工学会生型研究部会の橋本会長があいさつ
 基調講演が行われたあと、生型砂の水分管理、造型設備、添加剤などに関わる5件の研究発表があり、そのうち最後の発表は北海道鋳造技士会メンバーの伊藤大二郎氏(椛コ瀬鉄工所・札幌工場)が、「生型鋳造設備を新設して」と題して、最近設備導入したACE-6生型自動造型機とその周辺ラインと、そのラインで製造した鋳物の引け巣対策事例の紹介がありました。

講演会の様子〜伊藤氏が新らしい設備等を紹介
 最後に、北海道鋳造技士会の森川敬三会長(森川鉄工梶jが挨拶に立ち、講演会を締めくくりました。講演会終了後は、会場を移動して交流会が持たれました。

森川会長の挨拶で講演会を締めくくりました

前へ次へインフォメーションのトップへ