(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2009
前へ次へインフォメーションのトップへ
第3回 全国大会準備委員会
 第157回全国講演大会の第3回準備委員会が、平成22年3月19日(金)午後2時から北海道立工業試験場の第一会議室で開催されました。
 会議の冒頭、準備委員長の桃野 正(室蘭工大)から挨拶に続いて、日本鋳造協会専務理事の角田悦啓氏から挨拶がありました。その後、資料番号等の確認が行われた後、担当ごとに準備の進捗状況が報告され、質疑および意見交換が行われました。
 はじめに、技術講習会について田中(日本製鋼所)から、講習会のテーマとした“複合化”に関連する講演の依頼状況、当日のプログラム、想定する参加人数のど、これまでの準備状況が報告されました。次に、講演発表会について松浦(北大)から、北海道大学・工学部棟の講演会場の割り当て、人員配置の計画などについて報告がありました。
 特別講演会については、桃野(室蘭工大)から、東北大学の深沢に北海道における製鉄技術に関する講演を依頼していることが報告され、一方、日本鋳造協会で検討している特別講演についても案が紹介され、当日のプログラムを調整することとしました。
 そのほか、懇親会、YFEイベント、エクスカーション、工場見学会、記念会報についてそれぞれの担当者から準備状況が報告されました。最後に、この準備委員会は4月の支部大会の後に実行委員会に移行し10月の大会開催に向けて具体的な準備を進めて行くことを申し合わせました。

第3回準備委員会の様子

前へ次へインフォメーションのトップへ