(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2009
前へ次へインフォメーションのトップへ
 平成21年度北海道支部大会が、平成21年6月19日(金)に苫小牧市民会館(苫小牧市)で開催されました。午前9時から会場受付が始まり、午前9時30分からの研究発表会では2会場に分かれて11件の研究報告等が発表され、質疑や意見交換が行われました。

研究発表会では11件の報告がありました
 

一部の発表は第二会場で(座長の山田氏)
 午前中の研究発表を終え、午後0時から平成21年度の支部評議員会が同会館内の会議室で開催されました。評議員会では、午後の総会に提案する内容に沿って平成20年度および平成21年度の事業・会計等について審議を行い、委員の承認を得ました。

平成21年度評議員会で総会提案事項を審議
 午後1時から平成21年度の支部総会が開催され、津村 治(企画技術委員長・日鋼)の進行で平成20年度の経過報告、決算報告、平成21年度の予算案、役員・理事・評議員の選考案等について審議され、全ての議案について承認されました。特に、佐藤支部長が東京に転勤となったことに伴って支部長の交代が提案され、村井悦夫(日本製鋼所・室蘭)が新任の支部長に選任されました。
 さらに、支部表彰として平成21年度支部貢献賞を竹花奎一(トヨタ自動車北海道)、支部優秀学生賞を新田 勝さん(室蘭工大)に、に授与することが承認され、総会終了後両名にそれぞれ賞状と記念品が贈られました。

平成21年度支部総会の様子

総会承認を得て、新任の村井支部長が挨拶

竹花氏(トヨタ自動車北海道)に支部貢献賞、新田君(室蘭工大)に支部奨励賞が授与されました
 総会終了後、特別講演会が行われ、以下の2題の講演が行われました。
  ・「ビューラーダイカスト技術の紹介」
    講師: 梶川 浩 (鞄本製鋼所 成形機器システム事業部)
  ・「近年の技術開発とその動機」
    講師: 石川 勝 (日本鋳鉄管 技監)

梶川氏の講演

石川氏の講演
 最後に、同会館内2階の部屋で交流会がもたれ、参加者どうしの近況や情報交換が行われました。会は桃野理事の司会進行で進められ、はじめに佐藤前支部長と村井新支部長が挨拶し、続いて開催地である苫小牧市を代表して渡部 勲(同市産業経済部企業立地推進室長)から歓迎の言葉ありました。
 交流会は、中川理事(トヨタ自動車北海道梶jの発声で開宴し、途中、講演会の講師として招いた石川(日本鋳鉄管梶jのスピーチや、今回支部表彰を受賞した竹花奎一、新田がそれぞれ受賞の感想や今後の抱負などを披瀝する場面も交えながら、最後に苫小牧市テクノセンターの中津正志館長が再度苫小牧市での支部大会開催に期待を寄ながらの挨拶で交流会を終え、大会の全日程を締めくくりました。

苫小牧市での支部大会開催を祝し、渡部氏が挨拶

支部貢献賞を受賞した竹花が挨拶

支部奨励賞の新田が感想と抱負を語りました

参加者が和やかに歓談

最後に苫小牧市テクノセンター館長の中津が閉会の挨拶をして交流会を締めくくりました

前へ次へインフォメーションのトップへ