(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2008
前へ次へインフォメーションのトップへ
非鉄鋳物の高度化技術研究会 〜 第3回技術研究会
 非鉄鋳物の高度化技術研究会の第3回ダイカスト技術研究会が平成20年11月20日(木)午後1時30分からホクダイ(安平町)で開催されました。
 はじめに研究会主査の 山田 一明(ホクダイ梶jから挨拶があり、引き続き、ホクダイ鰍フ会社概要の紹介がありました。
 次に工場見学に先立って、工場概要と改善活動等で一定の成果の得られた点も含めて、視察のポイントが紹介されました。その後、2つのグループに分かれて、同社工場の溶解装置、ダイカスト鋳造機、機械加工、検査、出荷等にかかわる設備などを見学しました。見学の後の質疑では、用水管理、ダイカストプロセス、不良対策などに関する質疑応答がありました。
 次に、竃リ下合金の木下氏から、生産設備、生産品等の紹介があり、アルミ重力鋳造で製作している製品の方案設計に関する改善事例が紹介されました。続いて、トヨタ自動車北海道鰍フ山下直人氏から、同社の環境方針に基づいたアルミダイカストラインの省エネへの改善対策として、電力と圧縮空気の使用量低減の取り組みについて事例紹介がありました。
 最後に、道立工業試験場の田中氏からX線CT解析装置の仕様や導入スケジュールの紹介の後、次回以降の研究会開催予定を申し合わせて研究会を終了しました。

研究会の様子

前へ次へインフォメーションのトップへ