(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2007
前へ次へインフォメーションのトップへ
非鉄鋳物の高度化技術研究会 〜 第1回技術研究会
 非鉄鋳物の高度化技術研究会の第1回技術研究会が平成20年4月24日(木)午後1時30分からトヨタ自動車北海道(苫小牧市)はすかっぷホールで開催されました。
 研究会では、はじめに研究会主査の 山田 一明(ホクダイ梶jから挨拶があった後、引き続き研究会の設立・発足にいたる経緯や、研究会の目的などの趣旨説明があり、併せて今後の進め方などの提案がありました。質疑等を行った後、研究会を参画企業どおしの情報交換なども含めて開催月を選んで概ね年間3回程度開催して行くことが承認されました。
 次に、講演会として「アルミダイカストの湯流れ欠陥とその対策」と題して、 (社)日本ダイカスト協会 技術部 の 西 直美の講演を聴講しました。アルミダイカストの欠陥の3割以上を占める湯流れ欠陥の発生メカニズムとその対策方法や効果など、データを示しながらの解説がありました。講演終了後、質疑応答が行われました。
 その後、工場見学が行われ、初めに見学工場から取締役の中川知行氏から挨拶と見学内容の説明があり、併せて会社紹介ビデオの上映が行われました。その後、同第1工場のAT組立てライン、および第2工場、第3工場のアルミホイール、プレス・ダイカストラインを見学しました。
 研究会終了後、別会場で交流会がもたれ、それぞれ自己紹介などを行った後、参加者どうしの懇親を深めました。
西氏の講演の様子工場見学後の質疑応答

前へ次へインフォメーションのトップへ