(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2006
前へ次へインフォメーションのトップへ
中核人材育成事業 第3回プログラム開発委員会
 本会支部が後援している事業である「北海道鋳物産業における中核人材育成プロジェクト」が平成18年度に実施した内容および成果について、プロジェクトリーダーの桃野 正(室蘭工業大学)から説明がありました。
 まず、平成18年度に実施した内容と、それらの成果をまとめたテキスト、DVD教材について説明があり、著作権に対する配慮などについて質疑が交わされました。
 その後、事業後の自立化のスケジュールとして、室蘭工業大学に設置する「ものづくり工学コース」の概要について報告と説明がありました。
 あわせて、近畿大学等を中心に事業が進められているナショナルプロジェクトの動向と、今後の見通しについて説明があり、北海道プロジェクトとの関わりなどについて質疑応答や参加委員からの要望などが出され、今後の自立化に向けた準備を進める上での参考にしてもらうことにしました。

「中核人材育成事業」の平成18年度の成果と、今後の自立化計画が説明されました。

前へ次へインフォメーションのトップへ