(社)日本鋳造工学会 北海道支部
インフォメーション 2005
前へ次へインフォメーションのトップへ
中核人材育成事業 第3回プログラム開発委員会
 本会支部が後援している事業である「北海道鋳物産業における中核人材育成プロジェクト」の平成17年度に実施した内容および成果について、プロジェクトリーダーの桃野 正(室蘭工業大学)から説明がありました。
 まず、事業全体の概要と本年度の事業内容、受講者の内訳、実証講義の内容と参加者の感想(アンケート結果)などについて詳細な報告がありました。
 その後、受講生を派遣しての感想や、実習講義の内容や実習の取り入れ方などに関する要望、中核人材育成の目的観などに関する意見交換が行われました。
 引き続き、平成18年度の事業について、事業概要説明の後、具体的に実証講義、インターンシップなど、実施内容の項目や日程スケジュールについて説明がありました。
 これらについて、質疑応答や参加委員からの要望などが出され、最終の実施計画の策定および事業申請に向けて手続きを進めていくことを申し合わせました。また、経産局から事業後の自立化に向けたPRも平成18年度事業に盛り込むよう提案がありました。

「中核人材育成事業」の平成17年度の成果について報告されました

前へ次へインフォメーションのトップへ