北海道支部会報連載記事 〜 やさしい技術講話
 支部会報で連載している「やさしい技術講話」で取り上げられたテーマの一覧を紹介します。
「やさしい技術講話」テーマ一覧
No.掲載号数(発行年月)テーマ執筆者
1第49号(1973年10月)鋳鉄溶湯の炉前管理に冷却曲線を利用する際の考え方井川
2第50号(1974年2月)鋳物の欠陥の原因と対策鈴木
3第51号(1974年10月)機械造型用生型砂の性質と問題点名雪
4第52号(1975年2月)青春期を迎えたダクタイル鋳鉄井川
5第53号(1975年10月)チル化についての親子会話鈴木
6第54号(1976年2月)鋳型の常温性質の話名雪
7第55号(1976年9月)低合金鋳物の熱処理(合金元素の機能とは?)松原
8第56号(1977年2月)銅合金鋳物の話花村
9第57号(1977年10月)鋳鉄に関する十二項(前)長岡
10第58号(1978年2月)鋳鉄に関する十二項(後)
11第59号(1978年10月)焼着の話中田
12第60号(1979年2月)溶接の話井川
13第61号(1979年10月)鋳鉄の熱処理
14第62号(1980年2月)金属のさびの話佐藤
15第63号(1980年10月)鋳鉄工芸品の着色技術について穴戸・栃内
16第64号(1981年2月)鋳物110番花村
17第65号(1981年10月)鋳鉄の被削性について菊地
18第67号(1982年10月)鋳物の凝固の話高橋
19第68号(1983年2月)金属の磨耗の話鴨田
20第71号(1984年6月)鋳物の強さと剛さ(1)野口
21第73号(1984年12月)鋳物の強さと剛さ(2)
22第74号(1985年6月)強靭化球状黒鉛鋳鉄の強度特性田中
23第76号(1985年12月)品質管理について熊田
24第83号(1988年6月)「溶射」の話(その1)白銀
25第85号(1988年12月)「溶射」の話(その2)
26第86号(1989年6月)熱分析曲線解析による鋳鉄の黒鉛形状判定田中
27第88号(1990年12月)精密鋳造の話宮本
28第92号(1991年5月)鋳物砂の話名雪
29第98号(1993年6月)固相接合を利用した材料の復合化(T)桃野
30第100号(1993年12月)固相接合を利用した材料の復合化(U)
31第101号(1994年6月)固相接合を利用した材料の複合化(V)
32第103号(1994年12月)液相接合を利用した材料の複合化(T)野口
33第104号(1995年6月)液相接合を利用した材料の復合化(U)
34第106号(1995年10月)鋳物廃砂の利用に関する調査研究堀川
35第109号(1996年12月)凝固シミュレーション(T)大笹
36第110号(1997年6月)凝固シミュレーション(U)
37第112号(1997年12月)凝固シミュレーション(V)
38第113号(1998年6月)鋳造欠陥と機械的性質の関係大島
39第115号(1998年12月)情報ネットワークとインターネット戸羽
40第116号(1999年6月)情報通信とマルチメディア
41第118号(1999年12月)ネットワークとデータベース
42第119号(2000年6月)ISO9000'sについて飯田
43第121号(2000年10月)ISO14000の話
今後取り上げられるテーマの候補
1)溶解関連
 鋳鉄、銅合金、アルミニウム合金
2)材料
 アルミニウム合金鋳物、熱処理、合金鋳鉄
3)非鉄金属の着色
 鋳鉄、銅合金、アルミニウム合金
4)残留応力、鋳物の破壊、疲労、クリープ
5)最近の話題
 ADI、半融金属、光造型、迅速模型、鋳鉄の高度化
6)その他
 高温材料、低温材料、耐食性材料、耐磨耗材料、表面処理、新素材、セラミックス、
 最近の成分分析、チタン合金、ダイキャスト、塗装

編集委員会のトップページ